2007年02月05日

ファイナルエディションの予習

12月16日に発売の、
データーカードダスドラゴンボールZ2 ウルトラガイドU
ファイナルエディションの要チェックカード情報が載っていました。


まずは、ドラゴンボールGTの、
フュージョンする必要がない、
単体のゴジータです。






161−U ゴジータ

ウルトラ技にビックバンかめはめ波、
リミットブレイカー技に
真ドラゴンラッシュ、100倍ビックバンかめはめ波を持つ
強力なカードです。




続いて、ドラゴンボールGTからスーパーサイヤ人4のべジータ


・・・写真は取り忘れのためありません。・・・


156−U べジータ


こちらは、
第4弾の爆レア 105−U 孫悟空と
フュージョンすることで、
ゴジータに変身できるカードです。


フュージョンの表示がないので、
ゴジータに変身できることがわかりにくいですね。


続いて、
143−U 超一星龍(スーパーイーシンロン)





こちらもドラゴンボールGTのキャラクターです。

リミットブレイカーの
マイナスエネルギーパワーボール
という技が強力そうです。


GTのボスキャラですが、
なじみが薄いので、
今まで出てこなかったのか、
今回のファイナルエディションで初登場になります。


つづいて、 136−U ビーデル





能力的には、やや劣りますが、
カウンターのリミットブレイカー技、
ビーデル危機一髪では、
グレートサイヤマンが
ビーデルのピンチを救うということなので、
この技を見るために、
ためす価値がありますね。



つづいて、141−U メタルクウラ




劇場版のキャラクターですね。

能力的に、
ふつうのクウラとそれほど変わらないみたいですね。

あまり目立った特長はないようです。



続いて、137−U キビト神




界王神様とキビトがポタラで合体した姿ですね。


最後は、181−U WE GOTTA POWER

ドラゴンボールのアニメの主題歌のタイトルがそのままカード名になっています。


相手のリミットブースターを無効にし、
自分のリミットブースターを有効にするという
便利そうなカードです。



以上が、注目カードとして紹介されているカードですが、
そのレアリティがまだ公開されていませんので、
どれが爆レア・激レアになるのか気になるところです。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年12月16日

データカードダスDRAGONBALLZ2ウルトラガイドU

今日は、
CARDDASS カードバトルスタジアム in ジャンプフェスタ2007ですね。


東京は遠すぎるので、僕は行けないので残念です。

最低でも、全国5都市ぐらいで開催してもらいたいものです。


みんな、ドラゴンボールの道着を着ていくとおもしろいですね。


この道着を50人ぐらいが着ていったら、庭仙人も真っ青ですね。




さて、ジャンプフェスタ2007に先立ち、
データカードダスDRAGONBALLZ2
ウルトラガイドUが
昨日15日発売だったので入手してきました↓

061216guide2 001.jpg



開くと、ウルトラ特典の
スペシャルデータカードダスカード
「仲間たちの信頼」が飛び出します。

カードの袋をはさみで切るときは、
カードそのものを切らないように注意してくださいね。
(僕は、以前、一回カードを切ってしまいましたので・・・。)


061216guide2 002.jpg

EX-024-U 仲間たちの信頼

コスト2
じゃんけんで勝った次のラウンドで、対戦相手のパワーレベルを1吸収する

このふろくカードの解説がP71,72にあり、
このカードを使ったデッキも紹介されています。

微妙なイラストで微妙な効果ですね。




そして本を見ると、

まずはじめに、

データカードダスDRAGONBALLZ2の第3弾・第4弾カード
ドラゴンボールスーパーカードゲーム第3弾・第4弾のバーコード付きカード
ドラゴンボールスーパーカードゲーム超(スーパー)コンボシート
データカードダスDRAGONBALLZ2超(スーパー)パワーBOX
データカードダスDRAGONBALLZ2のプロモーションカード

の写真付きのデータがまるごと載っています。


そして、ファイナルエディションの注目カードや、
ドラゴンボールのデータかーダスの全リストなどが
掲載されています。


スーパーカードゲームの
ルールや遊び方も載っているのですが、
いまいち誌面だけでは分かりにくく、
もっとページを割いて
僕みたいな初心者にも
よく分かるような説明が欲しいところです。


この本は、前回のウルトラガイドTの
続編ですが、とても気になる、
Z2後の最新作「爆裂インパクト」
の情報がないので、インパクトには欠けますが、
カードデータなどの情報がすべて載っているので、
所持しているカード・持っていないカードのチェック
などに重宝します。


最新情報を知りたい時は、Vジャンプの2月号を、
今までのデータカードダスについて知りたい時は、
このウルトラガイドを活用できます。



今日の動画はおやすみです。

今日から、データカードダスの情報の日とドラゴンボール動画の日とに分けて更新しようと思っています。

毎日何かが更新されているブログにしたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年12月05日

次は、データカードダスドラゴンボールZ3登場か!?

月間少年ジャンプに、データカードダスの最新情報が載っていますね。


それによると、1月頃に、データカードダスドラゴンボールZ2の最新弾の「ファイナル・エディション」が登場します。


Vジャンプ1月号には、07年1月に、第5弾が登場と書かれていましたが、これがその「ファイナルエディション」という名前に変わったものと推測されます。


「いよいよ最終弾に突入だ」とありますので、このファイナルエディションを持って、データカードダスドラゴンボールZ2は終了となりそうです。


ただ、これで、ドラゴンボールのデータカードダスが完全に終了するとは、考えにくいです。


多少、下降気味とはいえまだ、データカードダスの中では、圧倒的な人気があるのがドラゴンボールですから、この人気が続いている間は、急に終わったりしないでしょう。


一番人気のドラゴンボールを終了して、他の2番手、3番手のデータカードダスは健在ということは普通考えられないからです。


また、月間少年ジャンプの記事にも、ジャンプフェスタでデータカードダスドラゴンボールZに関する「重大発表」があるという意味深な記事があります。


重大発表というのは、たぶん、データカードダスドラゴンボールZ3が登場するということが発表されるのではないでしょうか。



前回のことを思い出しても、データカードダスドラゴンボールZの最後(去年の3月頃)は、「プレミアムエディション」という弾で締めくくられて、4月から、「Z2」が新しく登場しました。


それを考えると、今回も「ファイナルエディション」で、データカードダスドラゴンボールZ2を終了→データカードダスドラゴンボールZ3に突入というシナリオが一番、真実味があるのではないでしょうか。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年11月22日

スーパーカードゲーム第5弾のスーパーレア&鉄壁のガード情報

Vジャンプ1月号で、
来年1月中中旬に発売される、
ドラゴンボールスーパーカードゲーム第5弾
スーパーレア(SR)が、データカードダスドラゴンボールZ2
第5弾の爆レアと同じ、DB-513-Uゴジータだと分かりました↓


VJUMP0601 007.jpg



ドラゴンボールスーパーカードゲーム第5弾には、以下のキラカードも登場します。




VJUMP0601 009.jpg
DB-512-U 孫悟飯



VJUMP0601 010.jpg
DB-522-U ブロリー



VJUMP0601 011.jpg
DB-533-U セル







EX-023-U 鉄壁のガード


Vジャンプ1月号には、プロモカードのEX-023-U鉄壁のガードが付録で付いています。



VJUMP0601 001.jpg

↑光を反射させずに見たら、
普通のノーマルカードのように見えますが、光を反射させると、
ドラゴンボールスーパーカードゲームの100円版キラカードのような格子状の光り方をします。


7色に輝くレインボーカードというだけあって、光具合が100円版キラカードより鮮やかで高級感があります。


いつものプロモカードは、
データカードダスの普通のノーマルカードのようで飾り気がなかったので、
このカードは新鮮に感じました。


機能的にも、コスト2で、
カウンター技がすべてリミットブレイカーになるので、ゲームでも頻繁に使うカードとなりそうです。


いままで多かった、イラスト変更だけのプロモカードと違って、デザインや機能の面で良いカードですね。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年11月20日

注意!今日が「Vジャンプ12月号応募者全員プレゼント」締め切りです。

Vジャンプ12月号応募者全員プレゼントの
『トリプルバトルカード&孫悟空アルティメットセット』締め切りが、今日、11月20日です。


当日消印有効ですが、郵便小為替が必要で、午後3時以降は郵便小為替が購入できません。


まだ、注文していない人は、今日の早いうちに注文しておくといいですね!



今回の応募者全員プレゼントは、
3枚あるうちの3枚とも、悟空のバトルカード。

しかも新規バーコードなので、ゲームでも重宝しそうです。


「孫悟空」特別ウィングホルダーも付いて、
400円なので、いつもより、お得なセットですね。



datacarddass1,2 005.jpg
EX-010-U 孫悟空

スーパーサイヤ人2で、1回勝つごとに、優勢レベル+2。

リミットブースター付き!

新規バーコードのカードとなります。

datacarddass1,2 006.jpg
EX-011-U 孫悟空

バトル開始直後から、全POWレベル+5でスタートできる、『20倍界王拳』つきの強力カードです。

リミットブースター付き!


こちらも、新規バーコードです。


datacarddass1,2 007.jpg
EX-012-U 孫悟空

HPが1以上100以下の状態で1度だけ、発動するという「大猿の力」が楽しみな一枚です。

リミットブースター付き!


もちろん、新規バーコード。


この3枚セットは、11月下旬という早い時期に発送されるということなので楽しみです。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年10月23日

データカードダスドラゴンボールZ2第4弾のシークレットカード&お宝限定カードとは?

データカードダスドラゴンボールZ2第4弾のシークレットカードとは?



Vジャンプ12月号に付属の小冊子、スーパーデータブックダスVer.3に、
データカードダスドラゴンボールZ2第4弾にシークレットカードという謎のカードが登場するとの情報が載っていました。↓
datacarddass1,2 005.jpg


シークレットカードといえば、ドラゴンボールカードゲームでおなじみですが、
データカードダスでも、具体的な情報が明かされない謎のカードとして登場するということです。


シークレットカードは、今まで未登場のキャラということですので、
ゴジータかなと思いますが、意外にビーデルさんだったりするかもしれません。


どちらにせよ、爆レアと同等かそれ以上の注目カードであることは間違いありません。


このシークレットカード、気になるのはその排出率です。


500枚に1枚とか1000枚に1枚とかの超お宝カードになったりすると、フルコンプリートの壁がまた高くなってしまいますね。





データカードダスドラゴンボールZ2第4弾のお宝限定カードとは



そして、データカードダスドラゴンボールZ2第4弾では、
カード購入時にキャンペーンカードなるカードが出たら、そのカードをお店でお宝限定カードと交換してもらえるというキャンペーンも行われます。↓

datacarddass1,2 011.jpg


キャンペーンの名前は、「神龍キャンペーン」です。


このお宝限定カードは、見る角度によってイラストが変化するという特殊なカードです。


注意が必要なのは、このキャンペーンは、
キャンペーンが実施されていることが記載されているポップがある店でしか行われないことと、
お宝カードは、数に限りがあり、なくなり次第キャンペーン終了、その店では、もう手に入れることができなくなるということです。


珍しいカードなので、ぜひとも手に入れたいものですね。


これもどれくらいの割合で入手できるのか気になるところです。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年07月26日

Vジャンプ9月号付録のスーパーデータブックダスVer,2

Vジャンプ9月号付録のスーパーデータブックダスVer,2に、第3弾のスクープ記事があります。



まず、ポタラつき悟空とポタラつきべジータ

が登場。


合体すると、いままでで、最強のべジットになるみたいですが、第6弾で、ポタラつきカードが初登場したときの衝撃に比べると、あまりインパクトがありません。



べジットのフュージョン失敗状態の

「べクウ」

になれるカードも登場するともありますが、これもゴタンや、ゴテンクスのフュージョン失敗などで、すでに見たことある感じがします。


べクウは、勝負のたびに、優勢レベルが変化します。




新爆レア、「限界のかなたへ」は、

押したボタンのPOWレベルが、3ずつ上昇するカードです。


データカードダスドラゴンボールZ2は、大技を出しにくいので、このカードは、重宝しそうですね。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年07月22日

データカードダスドラゴンボールZ2ウルトラガイドの中身


Vジャンプを買いにいくと、まず、「DCD-Vシリーズ Vジャンプ特別編集 集英社9月号 データカードダスドラゴンボールZ2ウルトラガイド」(長い!)が置いてあるのが目に留まりました。


ゲームの攻略書ぐらいの大きさで、全132ページで、本屋さんに並べられていました。


去年の冬頃に発売された「データカードダスドラゴンボールZプレミアムガイド」は、本屋さんに10冊以上平積みされていましたが、今回は、たった2冊でした。


なくなりそうだったのでまず、これを確保し、Vジャンプ9月号も見つけ、一緒に買いました。




今日は、データカードダスドラゴンボールZ2ウルトラガイドについてお話します。


まずは、表紙から。

u-guide 003.jpg

表紙は、孫悟飯と孫悟空です。


親子かめはめ波を連想させます。


背景もクールで出色の出来です。





そして、開いた最初のページに

『ウルトラ特典

 スペシャルDCDカード

「孫悟空」』


入りの袋が現れました。




カードが端のほうに、あるので切るときに注意してください。


僕は、前、プロモカード「怒り」のときに、カードをハサミではさんで、カードをへこませてしまいました。


油断すると、そういうこともあるので注意。


袋の点線よりもっと外側で切って、後からハサミで切りなおしたほうがよいでしょう。


それで、出てきたカードが↓です。


u-guide 001.jpg

EX−006−U 孫悟空 です。


スマッシュに龍拳、ラッシュに真ドラゴンラッシュ、カウンターに瞬間移動かめはめ波と3つのボタンすべてにリミットブレイカーがつき,バランスがよいです。


イラストは、ちょっと目が怖い。


そして、P14には、気弾バーストの解説がありました。


公式ホームページより、よっぽど分かりやすく、なるほど、と納得できます。



そして、一番使えそうなのが、P33からの「データカードダスドラゴンボールZ2完全カードデータ」(長い!!)です。


全部のカードが比較的大きな写真つきで、一枚一枚、ていねいの解説されています。


それぞれのカードのコストが★印で載っているので、ゲームセンターに持っていって、データカードダスの列に並んでいる間とかに、つぎ使いたいカードのコスト計算が出来るのですごく重宝しそうです。


このコストが分からなくて、最後のカードが読み込めなかったということが、よくありましたので、この本500円しましたが、いい買い物だったと思います。


失敗すると、毎回100円損した気分になりますものね。



POWレベル1〜7のそれぞれの技も、全部書かれていて、さすが攻略書という感じがします。


P52からなんと、スーパーカードゲームの「バーコード付カード」だけをピックアップして、同様の解説がされています。

これも集めないとフルコンプには、なりませんという、集英社の公式見解でしょうか!?



P81には、Z1のデータカードダスも一枚づつ、解説されています。


データカードダスドラゴンボールZ2になってZ1のカードの技が変わったりして、とまどっていましたが、これにちゃんと書かれているので、いままでのようにモヤモヤしたままゲームをしなくてもよさそうです。



そして、終わりが近づき、ほっとしていると、P112に

「月間少年ジャンプ

9月号・10月号

2号連続

データカードダス

ドラゴンボールZ2

応募者全員サービス」


の予告が・・・・。


カードは、鳥山明センセの原画のカードです。


悟飯セット(カード2枚+チェックリスト付プレイシート) or トランクスセット(カード2枚+チェックリスト付プレイシート) ということが判明。


イラストは、超カードゲーム収録のカードで、異彩を放っていた上半身+1コマのアップのデザインが使われています。


ますます、どれがどれか区別がつきにくくなりそうですが、イラストがどちらもかっこいいので、どちらも最低、2セット注文することになるでしょう。


文脈から、今回も1セット注文するのに、ジャンプ1冊買う必要があると思われます。


これには、地球も怒っています。


P113には、「スーパーカードゲーム ルールとカードリスト」があり、超カードゲームの遊び方が載っていますが、ちんぷんかんぷんです。


一度、超カードゲームの公式ホームページで動画でルールや遊び方の解説をしてもらいたいです。



最後に、今回は出なくてよかったと思っていた、池仙人が庭仙人となって、ドラゴンボールカードグッズショーをしていました。


ドラゴンボールZ2アクティブファイルケースという新商品がまたまた登場しています。


これは、少し便利そうです。


カードホルダーについていたような透明ファイルをスキャンしたあと、そのままファイルできるケースといった感じです。




そして、一番最後に、上で紹介されたグッズのプレゼントがあります。


裏表紙をめくると、スーパーカードゲーム第3弾、8月上旬発売予定の文字が・・・・


データカードダスは夏休みが本番です。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2006年01月06日

応募者全員サービスの全貌

vj2-1.JPG

 

 昨日発売の月刊少年ジャンプ2月特大号でついに応募者全員サービス「孫悟天セット」「トランクスセット」の全貌が明らかになりました。

 その名も「マンスリージャンプ2月特大号、3月号連続パワフル企画!!データカードダスドラゴンボールZ応募者大全員サービス」


「孫悟天セット」です。↓

vj2-2.JPG

vj2-3.JPG

vj2-4.JPG


「トランクスセット」です↓

vj2-5.JPG

vj2-7.JPG
vj2-8.JPG





 注目すべきところは、

1、新弾に先駆けて、カードデザインが一新されている・・・新弾から1〜7弾の旧デザインとは違う新デザインになる


2、鳥山明先生の原画が使用されている・・・この応募者全員サービスだけでの採用か新弾すべて鳥山先生の原画なのかは不明。


3、カードのパラメーターなどが大幅に変化している

○HP、ATに加えてAP、BLが加わった・・・これは、ドラゴンボールカードゲームにあるパラメータですね、このパラメータが加わったので、ドラゴンボールカードゲームにも使えるようになったということでしょうか?

○カードの通し番号の表記が○○−Tから○○−Uになった・・・これは、データカードダスドラゴンボールZ時代のカードは全て○○−Tだったことから、データカードダスドラゴンボールZ2のカードは○○−Uということだと考えられます。そして、この応募者全員サービスが、そのデータカードダスドラゴンボールZ2で最初のカードとなりそうです。


超×4という表記がある・・・4段階まで変身できるという意味でしょうか?


Limit,Burstの文字がある・・・それぞれリミットブレイカーとバーストモードを表すのでしょうか?

○カード説明がなくなった・・・カードのイラストの下にあった2行の説明文がなくなっています。


4、応募者全員サービスでは3枚のカードに加えて、イラスト入りカードケースもセットに含まれる。


5、今号だけで、「孫悟天セット」「トランクスセット」のどちらも応募可能・・・今号の2月特大号を2冊買い、1冊目は「孫悟天セット」、2冊目は「トランクスセット」を注文すれば、3月号を待たずに2コースが応募できてしまいます。


6、賞品の発送は2006年4月下旬からはじまる・・・データカードダスドラゴンボールZ2専用のカードとして登場するのでしょうか?

 では、このVジャンプの見開きページのP8,9で、データカードダスドラゴンボールZのゲーム画像で、応募者全員サービスの孫悟天、トランクス、ゴテンクスが説明されているのはなぜ?
 カードさえあれば、データカードダスドラゴンボールZでも使えるカード?

vj2-9.JPG
↑問題の画像、これ、あきらかに、現在のデータカードダスドラゴンボールZの画像ですよね。





最後は、いろいろとなぞが深まったところがありますが、とりあえず、これぐらいが今回の応募者全員サービスで分かったことです。

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ

2005年12月16日

おどろきの例のガイド本を紹介

例のガイド本を紹介


 おととい、12月14日、例のドラゴンボールデータカードダスのガイド本を買いました。

 
 そのガイド本は、680円もします。


 普通なら買いませんよね。680円もするデータカードダスのガイド本。


 というよりも買えません。


 だって、680円もあれば、データカードダスなら、20円付け足せば、7回もプレイできます。


 7回も出来たら、レアならほとんど確実に1枚出ますし、激レア・爆レアカードが出る確率だってあります。


 そんなわけで、爆レアハンターの僕としては、全く買う気がありませんでした。


 しかし、このガイド本の「バンダイ公認!データカードダスドラゴンボールZ最強本」のキャッチコピーにクギ付けになりました。


 データカードダスで最強にな

れる本
とは、どんな本だろう。

 
 僕は、まだデータカードダスドラゴンボールZで最強になったことがないので、どうすれば、最強になれるだろうかと途方にくれていました。


 そんな中でこのガイド本に出会いました。


 680円もの高額な本ですが、データカードダス最強になれるのなら、安いものだと思いました。


 そして、清水の舞台から飛び降り、さらに、逆流する滝に飛び込む覚悟でこのガイド本を買いました。

 
 もし、この本が、内容の薄いペラペラの本であれば、爆レアカードが入手できたかもしれない700円がパーになります。


 そして、家に帰ってさっそく、このガイド本を開けてみると・・・。


 すごい、すごすぎます。よいです。よすぎます。


 いったい何がそこまですごいのかというと、開けてまず最初に出てくる

「激怒」のプロモカードがすごいんです。


 このカードは、変身できるスーパーサイヤ人なら、はじめから変身した状態で戦えます。


 データカードダスで、スーパサイヤ人が最初から変身できてしまうなんて反則です。


 なぜなら、いきなり、HP,ATともに2倍、3倍になってしまうのですから、変身前とは明らかに別人の強さになれてしまうのです。


 バトルでスーパーサイヤ人を使う場合、爆レアカード限界突破を使うよりも何倍も強力なデッキが出来てしまいます。


 そんな、文字通り「最強」にふさわしいイベントカードが680円のガイド本を買うともれなくついてきます。


 しかも、イラストは「ドラゴンボール―完全版」の22巻を飾った鳥山明先生のイラストです。


 そんな感じで、ガイド本をめくっていくと、現われたのが各戦士の紹介です。


 ここでは、バトルで使える各戦士についての説明が必殺技の写真とともに展開されています。


 必殺技が次から次へと写真で現われる、必殺技のオンパレードです。


 上級者のあなたでも、こんなに連続で、必殺技ばかりをみたことはないでしょう。


 あなたが見たこともない必殺技もこの写真をみると、ドンドンイメージがふくらみます。

 
 そして、イメージがあふれ、激戦が自分の目の前で、次から次へと繰り広げられます。


 ここで、こんなに興奮すると、心臓に悪いと思って、休けいした後ふたたび、このガイド本を開くと、飛び上がってしまいました。

 
 なぜなら、そのページからはじまる、アルティメットカードリストでは、発売された、第1弾〜第6弾までのカードリストだけではなく、

まだ発売されていない、第7弾

の一部のカードが・・・、


データカードダスの公式ホームページですら、まったくその存在が見当たらない第7弾のカードのうち7枚がイラスト、能力とともに、このガイド本で

独占的に極秘で公開されていたからです。


 とにかくすごいです。


 第7弾の爆レアカードはなんと・・・、べジ・・・言えません。極秘ですのでとてもここではお話できません。

 
 その他にも、第7弾の激レアカードの数枚が、イラストも惜しみなく極秘で公開されています。


 発売まで、まだ1ヶ月以上ある第7弾のカードの秘密の情報をこんなに知ってしまっていいのかと

罪悪感に駆られるほど

第7弾について知ってしまいました。


 とにかくこれをみると、どんどん第7弾への期待がふくらみます。


 そして、ラストを飾るのが、圧巻のデータカード

ダスドラゴンボールZ究極の77手
です。


 これは、まるで夢かと思うほどすごいんです。


 これを見ると、対戦で使えるデッキがどんどん、頭のなかにスッと入ってきます。


 最強デッキが走馬灯のようにフル回転して、すごい勢いで頭の中のコンピューターにインプットされます。


 最強の名にふさわしいデッキが、これでもかというぐらいに身についてしまいます。


 その数、77手。


 これを見ていると、最強のデッキが、カードの組合せが、頭の中からあふれるくらいに思いつくようになりました。


 カードを見るたびに勝利確実のデッキがいつのまにかひらめいてしまいます。


 例えば、デッキ9のベジータ本気の激怒デッキ、これをみていて、とつぜん、このデッキで大会優勝も夢でない大会優勝ジャンケンが思いついてしまいました。


 これがうまくいけば、大会でもあっさり優勝してしまいそうです。


 すごいですね、このガイド本。


 究極の77手のページをみているだけで、大会優勝ジャンケンまで思いついてしまいました。


 このガイド本を入手してからというもの、自動で、データカードダス勝利のための究極のアイデアがどんどん出てくるようになりました。


 おっ、いま、対戦で戦う前から勝っているすごい方法を思いつきました。


 この方法を大会で使うと・・・、かんがえるだけでもおそろしい究極の一手になるでしょう。


 本当に、このガイド本を買ってよかったです。


 データカードダスドラゴンボールZについてのものしり知識も強力デッキも奇抜な究極の戦術も何もしなくても、どんどん思いつくようになりました。


 忘れないようにメモするのに大変です。


 最後になりますが、もしも、あなたが、この僕の記事を読んで、この680円のガイド本がほしくなったら、ぜひあなたも入手するべきですね。


 なぜなら、この記事は、このガイド本から全身に浴びたワクワクドキドキをそのままつめこみましたからね。


 だれでも、このガイド本を開くだけで、こんなワクワクドキドキした気持ちになれます。


 ほしくなったらこのガイド本を買ってみてください。


 僕が感じているような、ワクワクドキドキとデータカードダスドラゴンボールZ最強の力が身につきます。

 オススメ度 ★★★★★

ドラゴンボールZデータカードダスライフのTOPへ


 





 








































 




















 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。